新潟夏の風物詩!地元民が語る新潟の絶品ご当地アイス〜もも太郎〜

こんにちは。

ゴリちゃんです。

新潟県も雪が溶けてもうすぐ暖かい季節がやって来ます。
暖かくなって来ると何だか無性にアイスが食べたくなりますよね!

「ガリガリ君」、「ジャイアントコーン」、「パピコ」、「スーパーカップ」などあげればキリが無いくらいアイスの種類はたくさんあります。

もちろん前述しましたアイスもだいすきなのですが新潟県には昔から根強い人気のあるご当地アイスがあるのです。


今回はそんな新潟のご当地アイス「もも太郎」をご紹介致します。

新潟ご当地アイス「もも太郎」とは?

「もも太郎」の概要、歴史

出典:【困惑】新潟のご当地アイス「もも太郎」、実はイチゴ味だったことが判明! – edamame.


新潟のご当地アイス「もも太郎」は、新潟県内の会社、「セイヒョー」、「第一食品」で製造、販売されているご当地アイスです。
昭和20年代から地元で根強い人気を誇っております!

もも太郎という名前なだけに桃味かと思いきやイチゴ味という何とも突っ込み所満載のご当地アイスです!

しかも使ってる果汁がリンゴ果汁とまさに謎アイスです!
ただ新潟県民にとても愛されているアイスで地元のデザートと言えば「もも太郎」という人が半数を占める程の大人気商品です。

また、姉妹商品として、「金太郎」(あずき味)、「浦島亀太郎」(柿味)があります。

出典: もも太郎、うらしま亀太郎、金太郎(新潟県) : いくつ分かる?地方に当たり前にあって、東京にはないモノ。 - NAVER まとめ

「もも太郎」の美味しさ、魅力


「もも太郎」の美味しさは、何と言ってもあの清涼感です!
中の方はガリガリ君に似ていてかち割り氷の細かいやつが入っていて氷にもしっかりとイチゴ味が付いています。

外側はガリガリ君よりは薄くコーティングされていて、アイスキャンディー特有の「キュッ」という食感は無くて、どちらかというと「ガリッ」としています。

イチゴ味がかき氷のシロップの味をちょい薄めにした感じの味で甘過ぎずとてもさっぱりしていて美味しいです。
丁度良い食感と「ガリッ」とした食感が絶妙なハーモニーを奏でます!

また、前述致しました「金太郎」と「浦島亀太郎」についてですが、私は「浦島亀太郎」は正直食べた事はありませんが、「金太郎」はもも太郎のあずきバージョンであずきの和風な甘さと細かい氷がめちゃくちゃ合います。

ちなみに抹茶とは相性抜群で、飲みながら食べれば宇治金時っぽい味になります!こちらは私の見解ですが興味のある方は是非やってみて欲しいです!

新潟ご当地グルメ「もも太郎」の味わえるお店


新潟のご当地アイス「もも太郎」は新潟県内のスーパー、コンビニエンスストアならばどこの店舗に行っても大体置いてあります。

また、大体はバラ売りがメインですが袋売りでも売られていて、5本入りで売られております!
バラだと1本50円、袋売りだと1袋270円とまさに破格の安さです!普通の徳用アイスだと大体300円以上ですからとてもリーズナブルですね!

出典:もも太郎 | 第一食品株式会社|アイスクリーム製造


私はドライブ中のおやつはコンビニでバラで買ったりしますが、スーパーでは袋買いが基本です。
私の家族はみんな「もも太郎」が大好きなので5本入りの袋が2つは常備されています。
新潟旅行者の方、「もも太郎」を食べたらドはまり間違い無しです!

新潟の絶品ご当地アイス「もも太郎」まとめ


今回は新潟のご当地アイス「もも太郎」についてご紹介致しました。
値段も非常にお手頃で新潟では「夏はこれに限る!」という方が多いです。
是非県内のコンビニに立ち寄った際には食べてみてください。

それでは次回もお楽しみに!

ブログランキングに参加中です。応援よろしくお願い致します!↓


人気ブログランキング
人気ブログランキングへ