新潟の夏に食べたい絶品ご当地グルメ〜十全茄子漬け〜

こんにちは。

ゴリちゃんです。

食卓に並ぶ万能なおかずといえばやはり漬け物ですよね。
私も漬物が大好きで嫁が忙しくておかずを作れなかった時などには漬物は重宝しますよね。
日持ちもするので一度作ってしまえばいつでも手軽に食べれます。


お酒のつまみにも良いですね!

もちろん新潟県にもとても美味しいご当地漬けがあり、旅行者の方には是非お土産として買って行って食べてみて欲しいのです。
このご当地漬けを買って持って行き花火会場で食べるのが新潟の風情なのです。

今回は新潟の絶品ご当地漬物「十全茄子漬け」をご紹介致します。

新潟ご当地グルメ「十全茄子漬け」とは?

「十全茄子漬け」の概要、歴史

出典:産直口コミ人気グルメとアイデア内食グッズの通販サイト 新潟グルメの味ネット

十全茄子のルーツは古く、昭和の初めまで遡ります。
中蒲原にかつて存在した十全村(現五泉市)で「白十全茄子」として栽培されたのが始まりです。

その後長岡市にも広まりました。
長岡市では同じ種類ですが色が黒っぽい「黒十全茄子を主に栽培しています。

「十全茄子漬け」の美味しさ、魅力


普通の茄子とは違い、果肉の密度が高く、ほんのり甘みがあるのが特徴です。
大体は「浅漬け」にするのが定番なのですが一夜漬けにして刺身にしても美味しい程素材の味が良いのです。

また、「浅漬け」にすると果肉の密度が高い為漬け汁の染み込みも多いので噛むたびに漬け汁の旨み+茄子の旨みが口いっぱいに広がります。
初めて食べる人は美味しすぎてびっくりすると思いますので是非食べてみて下さいね。

新潟ご当地グルメ「十全茄子漬け」の味わえるお店